人生の最大イベント「結婚式」を海外で挙げてみよう!

海外挙式で一生の思い出

最近の結婚式と憧れる海外挙式

結婚式と言えば、両家の親族が媒酌人のもと、神前、仏前、人前などで行うことになります。
その後の披露宴で、お世話にになった方々や友人などに二人の姿をお披露目するという流れになります。
結婚式というものは、かたぐるしいばかりで、窮屈な思いばかりでとても晴れやかな気分になるには程遠いものです。
しかし、最近は核家族、少ない兄弟姉妹で、親族が少ないなどで、思い切って海外で結婚式を挙げる若い方々も増えてきました。
結婚というのは、一生に一度のこと、あまり行うことのできない”最後の”家族旅行を兼ねて海外挙式を行うなんて素晴らしいと思います。
このための旅行企画もあり、日本国内で手配もできるので安心です。
本当に親しい友人は、自費でもいっしょに付いていきたいものです。
何が一番いいと言えば、例えば、リムジンに乗ってチャペルに向い、同じ神前結婚式と言っても、海外の本物の憧れのチャペルで、結婚式を挙げることができ、自分たちの晴れの姿を憧れの場所で写真や動画に残せること、こんなことは、なかなか日本ではできないことばかりです。
自分たちの素敵な時間を過ごしたのちに、披露宴を挙げ、2人の姿を皆様にお披露目するなど方法はいくつでもあります。

海外挙式のメリットとは

最近では国内挙式だけではなく海外挙式が人気を集めています。
海外ウエディングの魅力として、ハネムーンをかねて挙式をあげられるということで、挙式は1日で終えることができるためその後の時間は終日フリーとなり、休暇の取り方によってはゆっくりと旅行ができます。
親族だけでゆっくりと行うことができるので、職場の上司のあいさつに気をつかわなくてよいということや、両親を海外へ連れて行ってあげることができる親孝行にもなります。
そして海外挙式の場合には挙式後にパーティを行うことが多く、披露宴は行わないことから費用も国内で行う時と費用はあまりかわらない、または国内よりも安くなることがあります。
招待客が少ないため新郎新婦の負担もそれほどかからずゆっくりと準備を進めることができ、本当に祝福をしてもらいたい友人だけを呼ぶこともできるため、新郎新婦にとって気をつかわない自由で気軽に行えるということがメリットです。
海外から帰国をした後に国内でパーティや披露宴をするスタイルも最近は人気となっています。
ただ、海外挙式の場合にはチャペルを直接見学することができないため、パンフレットやインターネットでチャペルを確認する必要があり、ウエディングプランナーからの情報もしっかりと確認する必要があります。


ページのトップへ▲